2014年4月アーカイブ

年度が変わり、平成26年度の品川区リフォームに関する助成金の情報が公開されました。

フィールノートでも、昨年度までにこちらの助成金を使って工事を行われた方が

たくさんいらっしゃいます。

 

手続きや必要書類などはありますが、

非常に使い勝手の良い助成金制度なので、

品川区で該当する工事をされるお客さまには、

ご利用をおすすめしています。

これから品川区でリフォーム工事をご検討されている方、ぜひ最後までご覧ください!

 

では平成26年度の内容をこちらでもご紹介します。

「品川区住宅改善工事助成事業(エコ&バリアフリー住宅改修助成)」
 

品川区の公式ページはこちら↓

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013700/hpg000013682.htm

 

上記ページには、

区民の方、マンション管理組合または賃貸住宅オーナーの方が既存住宅について区内施工業者を利用して、環境やバリアフリーに配慮したリフォーム工事を行う場合に、工事費用の一部を助成します。

と書かれています。

 

助成対象工事としては、大きく分けて

(1)エコ住宅改修

(2)バリアフリー住宅改修

(3)その他の工事

 

たとえば、

・環境に配慮した内装材使用(クロス・床材などの張替)

・節水型便器設置

・手すり設置

などの項目があります。

昨年度、フィールノートで行った中でも、こういった工事が対象となりました。

 

そしてこの制度で一番うれしいのが、

そのほかに、

上記の工事のいずれかと同時に行う工事も助成の対象となります。

という点。

上記の(1)〜(3)のいずれかの工事が含まれていれば、

たとえばリノベーション工事のような場合にも助成の対象になる

ということなのです。

昨年度フィールノートで一番多かったのが、このパターンでした。

 

助成金額としては、工事費用(税抜)の10%で、

区民の場合は上限20万円

マンション管理組合・賃貸住宅オーナーの場合は上限100万円

となっています。

 

たとえば、マンションリノベーション工事で、

・クロスや床材にF☆☆☆☆のものを選ぶ

・既存の便器を節水型便器に変更する

という工事が含まれていれば、

リノベーション工事の合計工事費用(税抜)の10%が助成される

ということなのです(金額の上限は、個人宅の場合は20万円)。

品川区内でリフォームをお考えなら、

使わないと絶対にもったいないですよね!

 

私は申し込めるの?という方、

申込に際してはいくつかの要件がありますが、

大事なポイントをまとめて挙げておきますね。

 

1)品川区民であり、工事場所も品川区内にある(当たり前ですが)

2)着工前に申し込みを行うこと(着工してしまってからではダメなのです)

3)区内の施工業者に発注して行う工事であること

 (フィールノートは「品川区住宅リフォーム助成事業」登録事業者です!)

4)工事費用(税抜)が10万円以上であること

5)この制度を初めて利用すること

 

特に2)は大事!

工事が始まってからではもう受け付けてもらえませんので、注意です。

 

詳しい要件や制度の内容については、

品川区の『住宅改善工事助成事業(エコ&バリアフリー住宅改修)』ページ

分かりやすくまとめてありますので、そちらでご確認いただければと思います。

 

また、弊社に工事を相談したいのだけれど、

その工事は助成金の対象になりますか?というご質問もお待ちしています。 

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら