2012年4月アーカイブ

こんばんは。リフォーム助成金活用アドバイザーの後藤です。

 

前回の住宅エコポイントは、

それなりに利用者もいらっしゃったようで、知っている方も多いと思います。

しかしそれ以外に、地方自治体などでもいろいろな施策があるのをご存じですか?

試しにお住まいの市や区、都などのホームページをご覧ください。

色々あると思います。

 

ですが・・・文字だらけなうえに言葉が難しくて、よく分からないですよね!

これじゃ使いたくても使えませんよ・・・

というか、そもそも周知されてなさ過ぎ・・・

 

なのが現状で、ヒジョーにもったいないと思っています。

だからこそ、こういったリフォームの助成金や優遇処置について、

少しずつですが、ご紹介していきたいと思います。

 

今回は国の施策であり新しくなった

「復興支援・住宅エコポイント」を紹介します。

このエコポイントの予約が【5月1日】から始まります

(ちなみに制度自体は、

平成23年10月21日〜平成24年10月31日着工のものが対象なので、始まっています)

 

とその前に、「予約」ってなんぞや?と思った方も多いかもしれませんね。

家電エコポイントと同様に、

こういった施策は予算が決まっていて、

決まった金額になると施策自体が打ち切りになるんです。

そのため、たとえば工事完了後では期間が長い場合等は不利になりますよね?

そういった不利がないように

この住宅エコポイントでは、

リフォームでは「原則として、工事請負契約の締結後」から、

エコポイントの発行の申請ができます。

その申請が通れば、めでたくエコポイントをもらえる、というわけです。

だから「予約」というんですね。

自分の工事ではこれだけかかるからポイントとっておいてね!というわけです。

 

さて内容ですが、

復興支援・住宅エコポイントとは、地球温暖化対策の推進に資する住宅の省エネ化、
住宅市場の活性化、東日本大震災の被災地復興支援のため、エコ住宅の新築または
エコリフォームをした場合にポイントが発行され、そのポイントを被災地の商品やエコ商品等と交換できる制度です。

「復興支援・住宅エコポイント」のホームページに書いてあります。

エコリフォームとは、

  • 窓の断熱改修

  • 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

これらと併せて、以下のaからdの工事等を行った場合は、

ポイントの発行対象となります。

  • a.バリアフリー改修(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張)

  • b.住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)の設置

  • c.リフォーム瑕疵保険への加入

  • d.耐震改修

になります。

リフォームの場合は、前回同様、1戸あたり(1回ではないので注意!)

上限30万ポイントもらえます。

実は対象となる工事に関しては、ざっくりいうと昨年度とあまり変わりません。

(新築の場合は被災地は優遇されていたりますが)

昨年度の住宅エコポイントとの大きな違いは下記の2点です。

・リフォーム瑕疵保険への加入で一律1万ポイントもらえるようになった

・耐震改修に上限15万ポイントが別枠でもらえるようになった

 

リフォーム瑕疵保険は、リフォーム工事に瑕疵があった場合に、

その費用を公的に認められた第三者機関が保証してくれる、

お客様にとっても施工会社にとってもありがたい保険です。

万一施工会社が倒産していても、きちんと代金は支払われます(上限1000万円)。

施工会社にとっても思わぬ瑕疵によるリスクを避けられるのです。

 

そしてこの保険に入るためには、

・施工会社が保険会社に加入していること(フィールノートはJIOに加入しています)

・工事前や工事後等に検査が入る

・一定の保険料を払う(規模にもよりますが、保険+審査料で3万〜9万程度)

を満たす必要があります。

 

またこの工事は、あくまで「工事」の保険です。

住宅設備機器の故障等に関してはそちらの保証を使うことになります。

逆に言うと、住宅設備機器の保証だけでは、その工事自体の欠陥は対象外なのです。

(たとえばトイレ改修の際の便器自体の欠陥は保証できるが、排水管等の設置工事の瑕疵はNGです)

検査が入るので、瑕疵の可能性も少なくなりますし、絶対オススメですよ。

この保険料のうち、1万ポイントが還元されるようになったのです。

 

また、耐震改修についてですが、

これはもう単純に30万ポイントとは別に上限15万ポイント

請求できるっていうことですね。

(もちろんフィールノートでも耐震工事は可能です!)

 

次にもらえるポイントについてですが、

今回はポイントの半分までしか工事費用に充てることはできなくなってしまいました。

そのかわり、半分は「復興支援商品」として

被災地の商品や商品券、寄付に充てることができます。

 

以上、「復興支援・住宅エコポイント」の紹介でした。

詳しくは、

「復興支援・住宅エコポイント」

こちらをご参照ください。

疑問点等ありましたら、コメントくだされば返信したいと思います。

 

フィールノートでは、

エコポイント等助成金のご提案や申請のお手伝いもしております。

皆様からのお問い合わせ、お待ちしております!

 

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら

こんにちは、インテリア&広報担当の村上です。

 

このたびフィールノートでは、

リフォーム/リノベーションについて検討されているお客様に

より気軽にご相談をいただけるよう、

お客様専用ダイヤルをご用意いたしました。

 

0120-995-478(通話料無料/固定電話専用) 

受付時間:10:00〜19:00

 

フィールノートのリフォーム/リノベーションに関して

ご相談・ご質問等ございましたら、お気軽にお電話くださいませ。

 

なおこちらの番号は[固定電話専用]となっておりますため、

携帯電話など一部電話からはつながらないことがございます。

その際にはこれまで同様、代表番号へお電話いただくか、

お問い合わせフォームより、お願い申し上げます。

代表電話番号:03-6662-7876

お問い合わせフォームはこちら

 

皆様からのご相談、お待ちしております!

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら

こんにちは、インテリア&広報担当の村上です。

 

フィールノートは、

 “品川区のリフォーム/リノベーション”と名乗っているとおり、

品川区を拠点にしています。

その 品川区限定 ではありますが、

この春から 区役所等で住民票などを取った際に使う封筒に、

フィールノートの広告を掲載しています。

 

↓ こんな感じで掲載中です!

 

まだ私自身は見かけたことがないのですが、

すでにご覧になった方、いらっしゃるでしょうか?

品川区にお住まいの方、区役所にご用がある際には

封筒の広告にぜひ注目してみてくださいね!

(いくつかパターンがあるようなので、弊社の広告が掲載されているのはその一部です)

 

そして、皆さまからのご相談、お待ちしております! 

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら

2012年4月 5日 19:13

身体スペースを知る

こんにちは、インテリア担当の村上です。

 

前回の「視線の高さ」に引き続き、

今回注目するのは、「身体のスペース」です。

 

皆さんは、人が動くのに必要なスペースがどれくらいか、

ご存じですか?

これにも「視線の高さ」のように、快適な空間を作る目安となるサイズがあります。

 

まず人ひとりが通れる幅としては、最低でも【約500mm】

出入口や廊下の場合には【約600mm】が必要になります。

物を持って通ることを考えると、【750mm】くらいの余裕が欲しいところです。

 

また2列型のキッチン内で、

人ふたりが作業することを考えた場合には、

【約900〜1200mm】の幅が必要。

リビングなど、余裕を持って人がすれ違えるスペースが必要な場所では、

【約1200mm】の幅は確保しておけると良いかと思います。

 

そのほか、人が食事をするスペースの目安のサイズとしては、

一人分として、

最低でも【幅が600mm、奥行きが350〜450mm】が必要です。

 

また、離着席に必要なスペース【600〜800mm】

椅子の後ろを人が通ったり、配膳したりするためには、

【着席している人の奥行き500mm+通路スペース600〜750mm】

が必要となります。

 

このように家の中には、使う部屋の用途にあわせた、目安となるサイズがたくさんあります。

今回ご紹介したものはその一部ですが、皆さんのご自宅ではいかがでしょうか?

実際にメジャーで測ってみると、おもしろいですよ。

 

前回と今回と、2回に分けてご紹介したお話は、

リフォーム/リノベーションの時だけでなく、

部屋の模様替えなどにも役立つと思いますので、

機会を見て、もう少しいろんなものをご紹介していきますね! 

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら