2012年2月アーカイブ

今日はフィールノートで行っている

お客さまへの取り組みをご紹介させていただきます。

 

それは「記念アルバム」の制作

竣工後、プロカメラマンによって写真撮影し、1冊のアルバムを作っているのです。

 

実はこのアルバムには、リノベーション後のお部屋の様子だけでなく、

ご家族の写真も撮影させていただき、入れています。

それは、お家が新しくなった時の皆さまの嬉しそうな顔を

思い出のひとコマとして残せたらと思っているからです。

 

昨年リノベーションを担当したお客さまにも差し上げたのですが、

アルバムの中のご家族の表情は、皆さま笑顔!

大変喜んでいただきました。

 

これからも全面リフォーム/リノベーションを弊社で担当させていただいた際には、

記念アルバムを制作させていただきます。

皆さまの大切な瞬間に立ち会わせていただいた、フィールノートからのホンの気持ちです。 

 

インテリア&広報担当 村上

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら

中小企業診断士の後藤 優太です。

前回の続きで、小さな店舗のコンセプト作りについて、
書いていきたいと思います。


ではまず、
小さな店舗には、どのようなコンセプトがふさわしいのでしょうか?

前回

しかし逆に、大型店舗やチェーン店ばかりが目立つようになっていることもあるのでしょう。
きちんとお客様にコンセプトを示し、違和感なく賛同が得られているお店は、
しっかり利益を上げることができています。

と書きましたが、その答えはまさにココにあります。
安定した品質の多様な商品を低価格で大量に供給できる大企業と
同じ土俵で戦ってもまず勝てません。
今の消費者の財布のひもは固く、冒険を避ける傾向にあるからです。
だからこそ、大型店舗やチェーン店と比べた場合の「ウリ・違い」を明確に持つ必要があります。
もちろん、個店もまだまだたくさんあるので、それらと比較した場合の「ウリ・違い」も必要です。
これがあやふやだと、お客様には伝わらず、来店を促せません

また、新規のお客様の獲得はなかなか難しい昨今、
安定経営は、リピート客の多さにかかっているとも言えます。
リピート客を増やすためには、満足度の向上、端的に言えば期待を裏切らないことが大事です。
そのためには、前回示した通り、商品から、外内観・サービス・接客等のすべての面において、
コンセプトに基づいた一貫した運営が必然となります。
そのため、経営者だけでなく従業員に至っても行動の可否が判断できるような、
できるだけ「具体的」なコンセプトだと、より浸透しやすく効果的です。

まとめると、

小規模店舗にふさわしいコンセプトは、

「競合店との違い・ウリ」を「明確」かつ「具体的」に示したもの

ということになります。
具体的には、また次の機会に。


今、コンセプト作りにお悩みでしたらぜひご相談ください。

中小企業診断士のいるフィールノートだからこそ、
創業計画〜店舗のデザイン・改修〜オープン後の経営まで一貫してお手伝いできます!

↓ ↓ ↓

お問い合わせはコチラ
 

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら

中小企業診断士の後藤 優太です。

 

今日はお店づくりの最初の一歩ともいえる、

「コンセプトづくり」について書きたいと思います。

 

コンセプトと聞いて、「?」と思う方も多いかもしれませんね。

コンセプトとは、お店の基本方針、経営方針だと思ってください。

 

このコンセプトに基づいて、外観や内装はもちろんのこと、

・商品やメニューの構成・棚割

・品質・値付け

・接客・サービス

・販売促進・広告宣伝

などをどうするか、といったことを決めていくことになります。

 

そのため、このコンセプトがしっかり決まっていないと、

上記のようなことがチグハグになります。

 

ファストフード店だと思って入ったのに、

品質・価格が高級店並だったらどう思いますか?

 

高級店の店構えの100円ショップはどうでしょうか?

 

ある意味面白いのかもしれませんが、

それはそういうコンセプトを明確に持ち、

なおかつ利益がきちんと出せるメドがたったうえでないと、

色々なところに無理が出てきて、長続きもしません。

 

だからこそ、まずこのコンセプトをしっかり持つ必要があります。

 

昔の景気が良いときは、消費者の財布が緩かったこともあり、

明確なコンセプトが無くても繁盛することがありました。

ですが今の消費者は、ライフスタイルが多様化し、

また、財布のひもが固いため、自分の求めるお店以外には興味を示しません。

しかも、ある程度は大型店やチェーン店で事足りますので、

魅力を感じなければ、そういう競合店に流れてしまいます。

 

しかし逆に、大型店やチェーン店ばかりが目立つようになっていることもあるのでしょう。

きちんとお客様にコンセプトを示し、違和感なく賛同が得られているお店は、

しっかり利益を上げることができています。

 

このコンセプトは、一度決めてしまうと変更には

今までのお客様を失う覚悟とそれなりの費用が伴います。

だから開業時こそ、このコンセプトをしっかり作ることをオススメします。

 

 

次回はコンセプトの作り方を少しづつ紹介したいと思います。

 

 

中小企業診断士のいるフィールノートだからこそ、

創業計画〜お店づくり〜オープン後の経営まで一貫してお手伝いできます!

↓↓↓

お問い合わせはコチラ

品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート
品川区・目黒区・港区のリフォーム/リノベーションなら 株式会社フィールノート

お問い合わせ電話番号 03-6662-7876
お問い合わせ電話受付時間:10:00〜19:00 日曜定休

お問い合わせフォーム お問い合わせフォームはこちら